球場の設備


習志野ボーイズ専用グランド「習志野八千代球場」の設備を詳しくご紹介いたします。

 

専用グランド

両翼91メートル、中堅110メートルの専用グランド。バックネット、外野フェンス、散水設備、夜間照明も設備され、県内トップクラスの硬式野球場です。

ダッグアウト

鋼鉄製の本格ダッグアウトを一塁・三塁に整備。ベンチ前面にはフェンスが設置され選手の安全に十分な配慮がなされています。

得点板・BSO設備

2017年に新たに整備された大型得点板。昼間でも視認しやすい電設BSO設備も設置されています。


【グランド付帯設備】

本格バックネット

外野フェンス

大型得点板

BSO設備

アナウンス設備

本格ダッグアウト 2ヶ所

ブルペン(一塁側・4人用)

ブルペン(三塁側・2人用)

夜間LED照明設備(10基)

本格グランド散水設備

 

【周辺設備】

本部席兼アナウンス室

指導者控室

選手控室

選手荷物置き場

練習道具倉庫

水洗洋式トイレ

 【練習設備】

電動ピッチングマシン

ティバッティングスペース
大型バッティングゲージ(2打席・左右打ち・照明付)

 

【付帯設備】

大型ウッドデッキ

屋外大型ストーブ

駐車場(20台程度)

駐輪場

ジュース自販機(2台)

習志野ボーイズファーム(畑)

 

【遠征車両】

マイクロバス(2台)

道具移動用1BOX車(1台)

 

グランドは2017年冬から春にかけて、全体に「大規模土入れ工事」を実施しました。